テスト・検証の高度な自動化

テスト・検証の高度な自動化

テスト・検証を高度に自動化するということは、コンピュータが多くの作業を担うということです。人間の手ではとても不可能なほど大量のテスト・検証を24時間連続実行することも可能です。

当社はBTC EmbeddedPlatformによってテスト・検証の自動化を実現しています。

 

高度な自動化の必要性

テスト品質の向上と工数削減の両立

大規模化、複雑化する車載用ソフトウェアの開発において、顕著な課題はテストの品質と効率化です。一般的に不具合の修正コストは開発の早期であるほど低いとされるため、この課題の解決のために不具合の早期検出、早期修正が求められています。その手段として、

などが広く活用され、さらに最近では

の導入も始まっています。

これらのテストは異なる目的を持つため、一般的に複合して開発プロセスに導入されます。

そのため開発プロセス全体としては、多くのテストを導入することによる負担増加を抑制する必要があります。

しかし一方で、各開発フェーズでの不具合を取り切るための質の高いテストが求められており、これは一般的にテストの負担を増加させる傾向にあります。

一見矛盾するこれらの両立のために、テスト・検証の高度な自動化が必要とされています。

 

教育コストの低減

モデルベース開発では一般的に多くのツールが導入されます。これに伴い、作業の目的及び操作方法等を共有するための教育コストも増大する傾向にあります。教育コストの増大は、モデルベース開発の導入、展開、及び開発チームのメンバーの入れ替わりなどの局面における負担やスケジュール遅延の原因となります。

高度な自動化を伴った汎用ツールの導入は、最小限の操作量で最大限の結果を得られること、そして作業者の熟練度への依存を軽減することから、教育コストの低減に貢献します。

 

テスト品質の定量化と可視化

シミュレーションを用いたテストは基本的に無限の可能性から一部を取り出すサンプリングテストになります。従って、サンプリングされたテストの品質が十分に高いことを客観的に示すことが求められます。自動化されたテスト・検証では、テストを実施すると同時に各種基準に基づいたテスト品質が測定されます。